最新情報

2017-03-20 00:00:00

役員運転手の仕事をしてみたいけど、自分に務まるのか不安に思っている人もいるでしょう。そのような場合は役員運転手に求められるスキルを磨くようにしましょう。そこで今回は、役員運転手になるために必要なスキルを紹介します。

 

 

 

 

 

 

■正確な地理知識かつ安全運転な人

 

役員運転手は道路について多く知っている必要があります。地図上のルートとして知っておくことが必要なのはもちろんですが、それだけでは足りません。道路は時期や時間帯によって状況が異なるからです。たとえば3月になると道路工事が増えて通れない道が多くなります。朝と昼とでは状況が大きく変わる道路も少なくありません。たとえば小学校の近くなどでは、朝だけ通行禁止になる道路もあります。役員運転手として働くには、こういった事情も含めた正確な地理知識を持っていなければなりません。また常に安全運転を行うことも必須です。自分だけでなく役員の命にも関わる仕事だからです。乱暴な運転をしてしまうと、役員は不安やストレスを感じることになるでしょう。急いでいるときでも交通ルールをしっかり守り、安全第一を心がけることが大切です。

 

 

 

■人間関係の構築がうまい人

 

役員運転手に必要なスキルとして、人間関係を上手に構築できることが挙げられます。運転する仕事だからコミュニケーションは不要だと思う人も多くいるでしょう。しかし役員とは毎日顔を合わせることになりますし、話しかけられることも少なくありません。また役員と同乗した関係者の相手をすることもあります。役員も含めて地位の高い人たちばかりなので、接待のように人間関係を築くスキルが重要であるといえます。自分の役割や立場を理解したうえで、適切に対応しなければなりません。言葉遣いや振舞いにおいて反感を買ってしまうと、すぐに他の人と交代させられてしまう恐れがあります。一緒の空間にいて心地よく思ってもらえる関係を築くことが大切なのです。

 

 

 

■徹底した健康管理ができる人

 

自分の健康をしっかり管理できることも、役員運転手にとっては重要です。急に病欠をしたり遅刻したりすると、役員の仕事に大きな支障を与えることがあるからです。会議や取引に間に合わなかったり、大事な契約が台無しになったりする可能性もあります。また運転中に体調が悪くなると、途中で運転を中止せざるを得なくなるでしょう。体調が悪い状態で無理に運転を続けると、事故を起こしてしまう可能性も少なくありません。このような事態を招いてしまうと、役員に迷惑をかけ企業に損害を与えることになってしまいます。そのため役員運転手の仕事をしている間は、お酒を控えて睡眠も十分とるなど、徹底した健康管理が求められるのです。

 

 

 

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣をご依頼のお客様は、こちらのサイトもご覧下さい。