最新情報

2017-02-10 00:00:00

秘書が既に活躍している会社もあれば、全くいない会社もあります。これから採用したい、そのような予定がある会社には派遣で採用する方法があります。派遣で雇うメリットについて、まとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 ■基本を教えこむ必要なし!気配り上手の秘書

 

秘書は、来客や重要な顧客の応対、連絡業務を任されることも多いです。そのため、どのような状況であっても、どんな立場の人であっても相手に不快感を与えないビジネスマナーが必須になります。会社の顔である役割を担うこともありますので、責任重大な仕事です。さらにそれだけでは不十分かもしれません。プラスアルファのちょっとした気遣いが自然にできることが必須といえるでしょう。規模の大きい会社では秘書は一人だけではありません。秘書同士の連絡業務も重要な仕事のひとつです。円滑に社内の業務を進めるためにはこの横の繋がりが大変重要になります。秘書の能力によって一緒に仕事をしている上司の評価や仕事の進捗が変わることもあるのです。社内、社外の人に対して臨機応変に対応できるスキルは欠かせないものです。派遣で経験が豊富な人は、様々な会社の状況にあわせて対応するスキルを身につけていることが多いです。気遣いや気配り、周りへの配慮を欠かさない人を採用できる期待があるのが一つ目のメリットです。

 

 

 

■厳しい審査に合格した秘書!清潔感・身だしなみはバッチリ

 

秘書の仕事はコミュニケーション能力や実務能力だけでなく、どのような状況であっても万人に好感をもたれる雰囲気を備えている必要があるでしょう。派遣で雇うメリットのひとつとしては、派遣会社で登録時に事前インタビューを行っていますのである程度人物の把握ができています。さらに、いくつかの派遣先で実績がある秘書の場合であれば、派遣先での評価や普段の身だしなみについても、派遣会社の担当者が把握していることが多いです。派遣会社の中では研修の一環としてマナー研修や身だしなみの研修を行っていることもあります。そのため安心して派遣してもらうことができます。

 

 

 

■前職でのキャリアがあるから!派遣先に相応しいサービス提供

 

本来の仕事に集中したい役職の人が、その他の仕事に時間をとられてしまうことが悩みになることがあります。そんなときの解決策のひとつとして、役職者が本来の仕事に費やす時間を確保する手段として、秘書の採用を検討することがあるのではないでしょうか。しかしいざ採用となると、どのような仕事を依頼したら良いか、どのような人が良いのか分からないということがあるかもしれません。実際に一緒に仕事をしてみないと、コミュニケーション能力やちょっとした気遣い、心遣い、上司や会社との相性の見極めが大変難しいでしょう。そんなときには派遣で雇用することも検討されると良いでしょう。派遣会社に相談すると、適材適所の人選と採用全般に関するアドバイスを得ることができます。派遣会社を利用するメリットは派遣先の会社の採用ニーズを事前にヒアリングした上で、前職でしっかり経験を積んだ人材を紹介してもらうことが可能になると考えられます。

 

 

 

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

運転手に関するコチラの記事も読まれています

秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。