最新情報

2017-05-10 00:00:00

専属の役員運転手派遣サービスを利用する場合、車種選びも重要になります。役員の乗る車となれば会社のイメージが左右されることにもなりかねません。見栄えや趣向など、役員車としてどんな車がよいのでしょうか?高級車であることは間違いなさそうなのですが、絞り込むのが難しそうです。代表的な3つの車について紹介します。

 

 

 

 

 

 

■役員・社長の貫禄、ロールスロイス

 

ロールスロイスはイギリス発祥の代表的な高級車です。しかも、自動車のみならず、航空機産業にも進出していて、世界中で活躍している旅客機のエンジンもロールスロイス製が採用されているのです。それほどの立派な技術者たちが開発したエンジンが搭載された車には魅力が感じられます。さらには、イギリス王国御用達の車であることもステータスになっています。しかも、現在は国産のセンチュリーハイアットになりましたが、少し前までは日本の天皇陛下の御料車としてもロールスロイスは活躍していました。運転するための車というよりも、おもてなしを受ける車としてのイメージが高いロールスロイスは、会社の役員を乗せるのに申し分ない車かもしれません。

 

 

 

■憧れ、ベントレー

 

ベントレーもロールスロイスと同じく、イギリスの名門社として活躍している車です。ロールスロイスよりは、スポーツカーメーカーとしての性格が強いブランドです。1923年から1930年にかけて、”ル・マン24時間”の耐久レースを5回も総合優勝した実力は、スポーツカーとしても耐久性のある車としても立派に証明されました。役員の中には車好きの人もいて、ベントレーのレースでの活躍を知っていてファンもいるのではないでしょうか。現在は、会社のビジネス用途としても使用できるデザインのセダンタイプがありますが、その中には強力なエンジンが搭載されているのです。役員にひとことベントレーはいかがですか?と聞いてみてもいいでしょう。喜ぶかもしれません。

 

 

 

■高級車といえば外せないメルセデス・ベンツ

 

ドイツ発祥の、高級車の代名詞的なメルセデス・ベンツです。車についてあまり詳しくない人でも、高級車がほしくなったら、思わず買ってしまうくらい、高級車としての位置づけを不動のものとしています。”スリー・ポインテッド・スター“といわれているエンブレムにあこがれている人も多いのではないでしょうか?こんな、メルセデス・ベンツも”ル・マン24”などの耐久レースやツーリングカーレースなどで活躍している側面もあるのです。役員の中にはこれらのレーでの活躍を知っていて密かなファンもいるかもしれません。一度、役員の方にメルセデス・ベンツが好きか聞いてみるといいかもしれないですね。

 

 

 

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

運転手に関するコチラの記事も読まれています

秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員運転手・プロドライバー派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。