最新情報

2017-10-20 00:00:00

職場において「秘書」は役員をサポートする大きな役目を持っています。そのため、秘書を雇うときは自分との相性を考えることが大切ですよね。もちろん、仕事を完璧にこなせることや、人当たりがいいことなども欠かせない条件ではないでしょうか。また、男女どちらを雇うかも考えることもあるかもしれませんね。そこで、自分の秘書をつける場合は男女どちらが良いかについて、男女100人のみなさんにお話を聞いてみました。

 

【質問】

あなたが雇うなら、男性と女性、どちらの秘書?

【回答数】

男性:32

女性:68

 

女性を望む人が多い!複数のことを同時にできるなど期待する声も

 

アンケートの結果、「女性」と答えた人のほうが多く、全体の7割近くになることがわかりました。

・同性なので、女性かなと思います。喧嘩とかはするかもしれませんが、その分適度な距離感を得られると思うので。(20代/女性/専業主婦)

・同性という事もあり、やりやすいと思います。が、特有の馬が合わない時は最悪でしょうね。(40代/女性/無職)

・もともと女性のイメージがあるのと、女性のほうが細かく仕事をしてくれそう(40代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事場に女性がいるとかっこいいとこをみせたいのでやる気がでるから。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・気配りが出来そうなので。男の人は脳科学上一度に複数の事が出来ないと聞いたので。(30代/女性/専業主婦)

68人の男女は、女性秘書を望んでいるようです。女性からは、ケンカの可能性を示唆しながらも、良い関係が保てるメリットが寄せられています。また、仕事がしやすい一方で、相性が悪い場合を懸念する意見もうかがえました。男性からは、秘書には女性のイメージがあることや、仕事のモチベーションアップにつながるとのコメントも見られます。このように、男女それぞれの視点がある中で、女性は複数のことを同時にこなせるのでは?との情報にも注目されるのではないでしょうか。細かく仕事をしてくれる、気配りが出来そうなど、女性秘書への期待が大きい様子もわかる結果となりました。

 

一方、男性には予期せぬ事態にも冷静に判断できる特徴も

 

アンケートの結果、約3割の人は「男性」と答えたことがわかりました。

・男性の秘書だと、色々なことを気にせず仕事を任せられそうなので(30代/男性/会社員)

・男性の方が気にすることが少ないし、体力が必要な仕事も気兼ねなく任せることが出来ますから。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・気の利く男性を雇うと思う。男性なら兼ボディーガードにもなるし兼運転手にもなるから。(30代/女性/専業主婦)

・異性の方が色々な自分と違う意見も出てくるし、やりやすいので。(40代/女性/パートアルバイト)

・もちろん冷静な判断力と優しさを備えた男性です。女性の場合はどうしても感情的になりやすい方もいらっしゃいますから。(60代/男性/無職)

32人の男女は、男性秘書が良いと思っているようです。男性からは、同性なので気分的に楽との声や、力仕事を遠慮なく頼めるとの意見が挙げられました。同様の考え方は女性からもみられるほか、男性はボディーガードなどとしても頼りがいがあるようですね。異性の秘書を雇うことで、違う視点での意見が交わせるとのコメントにもうなずけます。なお、男性を選んだ人の中からも、冷静な判断力があるなど、男性の特徴に触れる回答が寄せられました。ビジネスシーンでは予期せぬ事態も出てくるだけに、感情的にならないで行動できるスキルが望まれるのかもしれませんね。

 

女性秘書の人気は男性秘書の2倍以上!どちらにもメリットが

 

アンケートの結果、「女性:68人」「男性:32人」になり、女性秘書の人気は男性秘書の2倍以上になることがわかりました。また、男女どちらの秘書を希望するかについては、同性側と異性側それぞれの意見がうかがえます。中でも、同性秘書を雇うと気を使わなくても良いとの考え方は、男女いずれの回答からも見て取れました。一方、異性秘書には、自分にはないものへのサポートが期待できるのかもしれません。その上で、女性は複数思考ができそう、男性には的確な判断が期待できるなど、それぞれの性の特徴に触れた考え方もわかる結果となりました。秘書のお仕事に興味のある人は、これらの意見を参考にしてはいかがでしょうか。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:直近の1ヶ月間

■有効回答数:100サンプル

 

あなたが雇うなら、男性と女性、どちらの秘書?

 

【男性】

・仕事内容や状況にもよりますが、感情的な傾向にある女性よりも、常に客観的な判断ができる男性を選ぶと思います。(40代/女性/その他専門職)

・男性同士の方が、仕事のことだけ考えればよいので、男性秘書の方が気が楽でよいです。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・異性だと仕事の癒やしになってくれそうだし、同性だと友達感覚に陥りそうだから。(20代/女性/専業主婦)

・やはり女性だと間違いが起きない可能性はないとは言えないので、秘書は男性を選びます。(40代/男性/会社員)

・男女の性差が無くなっている今、気配り等、仕事力にさはない。仕事を全うしてくれるなら同性の方が楽。(40代/男性/公務員)

・気兼ねなく仕事が出来るという点から考えると、男性かなと思います。(50代/男性/無職)

・男性ですね。今の日本では、対外的なものは男性の方が有利だと思います。(30代/女性/会社員)

・異性はハラスメントの対象が増えるからできるだけリスクは減らしたい。だからよほど有能でもない限り同性を雇うと思う。(40代/男性/無職)

・女性だと変な感情を抱いてしまいそうなので、側用人的な男性の方がいいと思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・自分が女性なので、女性同士だとどうしても気を遣ってしまい、言いたいこともきつく言えないと思うから。男性のほうが言いやすい。(30代/女性/契約派遣社員)

・気の利く男性を雇うと思う。男性なら兼ボディーガードにもなるし兼運転手にもなるから。(30代/女性/専業主婦)

・その方がヤり手だった場合、色々なことを任せたり(社長職を譲るなんてことはなさそうですが。)女性同士のいざこざが減るんじゃないかなみたいなことを考えました(女性職員さん同士の争いもあると聞いたので、だからといって男性同士もないわけではないですが、どちらかというと少ないと思ったので)(20代/男性/自営業(個人事業主))

・近くにいつもいるので、仕事だと割り切ってなんでもしてくれそう。(40代/女性/専業主婦)

・自分が女性だから社長になど秘書を雇える立場なら男性にして、自分にない考え方やモノのとらえ方を取り入れたいと思うから。(30代/女性/パートアルバイト)

・同性の方が間違いが起こりませんし、変な気を使わなくていいからです。(30代/男性/契約派遣社員)

・もちろん冷静な判断力と優しさを備えた男性です。女性の場合はどうしても感情的になりやすい方もいらっしゃいますから。(60代/男性/無職)

・男性の方が気にすることが少ないし、体力が必要な仕事も気兼ねなく任せることが出来ますから。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・政治家の秘書は基本男性で、その方がイメージが良い気がするから。男性のほうが交渉とかもうまくできそうだし、女性よりも意見を言ってくれそう。(30代/女性/無職)

・自分が女性なので、バランス的に男性のほうがいろいろな意見を貰えそうだから。(20代/女性/無職)

・男女に関して、固定観念はないと思うのですが、男性の方が 感情のコントロール、ストレスに強く、是々非々で動いてくれそうなので。ビジネスは感情論よりも優先順位で動かないといけないと思っていますので、機会があればこれからも男性を秘書を雇いたいと思います。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・女性(異性)であると、色々と気を遣うことが多く面倒だと思います。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・男性の秘書だと、色々なことを気にせず仕事を任せられそうなので(30代/男性/会社員)

・自分が女性なので、女性相手の方が何かと気を使って疲れると思うからです。(40代/女性/専業主婦)

・がっちりとした体格で、ボディガードとしての役割も期待しています。(30代/男性/契約派遣社員)

・スケジュールのマネジメントだけなら女性の方が細やかにしてくれそうだけど、対外的な折衝ごとには、やっぱり男の人がいた方が信用があると思われるから。男女は平等のはずだけど、なかなか世の中そうばかりでもないです。(40代/女性/専業主婦)

・自分自身が女なので、秘書には男性になって欲しいです。理由としては、同性は考え方が衝突することが多いと思う事と、女性は感情的になりやすい傾向にあるので、男性を希望します。(40代/女性/専業主婦)

・女性のほうが気配りできそうだけど、忠誠心があり時間の融通が利くのは男性だと思う。(30代/女性/専業主婦)

・女性は専業主婦になる可能性があるが、男が専業主夫になる可能性はほとんどないからです。(20代/女性/会社員)

・私が女性なので、男性から見たり感じたりした意見を聞いてみたいので、男性がよりです。(50代/女性/自営業(個人事業主))

・自分のところの秘書課で一番有能な秘書は男性。能力のない秘書は使い物にならない。(40代/男性/会社員)

・異性の方が色々な自分と違う意見も出てくるし、やりやすいので。(50代/女性/パートアルバイト)

・女性は気配りができる点が魅力だけど、女性ならではのめんどくさい人間関係での揉め事がありそうだから。(30代/女性/専業主婦)

【女性】

・女性の方が気配りや配慮ができると思うので、雇うなら女性の秘書ですね(30代/男性/会社員)

・やはり、細かい仕事ができるのは女性だと思いますので、女性を選びます(40代/女性/パートアルバイト)

・秘書は女性のイメージがつよく、女性の方が来訪者にソフトな印象をあたえるからです。(40代/女性/専業主婦)

・女性秘書がいいですね。職場に潤いが出ますし、職場の華になりますから。(60代/男性/無職)

・やはり選ぶなら女性のきれいな秘書がいてくれた方がいいと思います。(40代/男性/会社員)

・気配りと細やかさなら、女性の方が持ち合わせているので、秘書向きだと思います。男性の場合は、社長の細かいことを知りすぎるので、逆に会社を乗っ取ってやろう、という野心を抱かれそうな気がします。(30代/女性/専業主婦)

・当然女性の方が細かい所など気配りが出来て、パートナーとしては最高です。(40代/男性/会社員)

・男同士だと商談の時など固苦しくなりそうなので、連れて回るなら女性が良い。(30代/男性/会社員)

・何でも任せられる能力のある人がいいですが、女性の特性として複数のタスクを同時進行できることが多いからです。(40代/女性/専業主婦)

・私が女性だからです。秘書というのは、仕事に関して一番気のおける人でなければいけないと思うからです。(20代/女性/無職)

・女性の方が女性のことを分かっていると思うし、気配りが効きそうだと思うからです。(20代/女性/専業主婦)

・女性のほうが気が利くし、取引先への印象もいいと思うからです。(40代/女性/会社員)

・職場に花って感じで、空気感がよくなると思えますし、よく気を回してくれるとも思えます。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事上の付き合いなので仲良くする必要はないですが、ある程度フランクにも話せる距離感が欲しいので、同性が良いです。(30代/女性/自営業(個人事業主))

・男性にとって女性の秘書は一つのステータスだと私は思っています。(30代/男性/会社員)

・もともと女性のイメージがあるのと、女性のほうが細かく仕事をしてくれそう(40代/男性/自由業・フリーランス)

・女性の方が細やかな配慮やおもてなしとかが出来そうだし、同性の方が仕事を行う上での悩み事などを相談しやすいから。(30代/女性/専業主婦)

・同性の方が悩み・お願いを相談しやすいから。異性だと話しかけづらい。(20代/女性/無職)

・私は男性なので、秘書を雇うなら女性のほうが良いと思っています。もちろん有能な方がいいです。(40代/男性/無職)

・女性のほうが圧倒的に気が利く!男性は1つの事に集中していると他がおろそかになってしまうから。(30代/女性/専業主婦)

・雇うなら女性ですね、美人秘書をお供に商談とかいくとよさそうですね(30代/男性/会社員)

・女性の方が、あたりが柔らかくて、さまざまな配慮ができると思うから。(60代/女性/専業主婦)

・女性のほうがきめ細かくスケジュール管理等を行ってくれそうなイメージがあるため。(30代/女性/自営業(個人事業主)

・同性のほうがいろいろ気を使わなくてよいところが出てくると思うからです。(40代/女性/専業主婦)

・華があるからです。それから、なんかシチュエーションにあこがれる面もあります。(30代/男性/その他専門職)

・女性の方が気配りが接客の気配りができると思うし、仕事に厳しそうだからです。(30代/男性/会社員)

・女性ならではの悩みも共感してもらえるし、相談しやすそうだから。(30代/女性/専業主婦)

・女性の方が細やかな気配りが出来、様々な面で細かくサポートをしてくれそうだと思う。(20代/女性/パートアルバイト)

・女性です。有能な女性ならきめの細かいところまで気が付いて、手の届かないところにまで神経を配ってくれるでしょう。話し相手としても気を使わないし、女性が良いですね。(50代/女性/公務員)

・異性の方が仕事に力が入って頑張れそう。スケジュール管理とかきちんと行える女性がいい。(10代/男性/学生)

・もちろん女性。文句を言わない、わがまま言わない、美人秘書がよい。(40代/女性/会社員)

・女性の方が細やかで気配りがきく。何か細々したことを並行で行うのは、やはり女性脳の方が得意だと思うから。(40代/女性/パートアルバイト)

・外部との体面が必要となるので、このような選択になってしまいます。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・仕事として雇うなら自分が信頼することが出来るのは、同性だと思ったから。(20代/女性/契約派遣社員)

・同性のが安心できると思うからです。あとはイメージ的に女性のが多いと思ったからです。(30代/女性/無職)

・女性の秘書のほうは物腰柔らかく、見た目も華やかでいいですね。(40代/女性/会社員)

・自分が雇うなら。女性が良いかな?必要だし会社的にも。いた方がいいと思います(30代/男性/契約派遣社員)

・事細かに管理してくれそうなことと、自分が気づかないことでも気づいて気を回してくれそうだから。(30代/女性/専業主婦)

・私が雇うなら女性の方が気配り上手だと思うので、女性の秘書をやといたいです。(30代/女性/専業主婦)

・異性だと、色々気を使いそうなので、色々話が出来る同姓がいいからです。(30代/女性/会社員)

・どちらでもいいというとであれば女性。男とは違う目線で物事を見ているから。しかし自分が政治家であれば男性もありかと思う。(50代/男性/会社員)

・私は男性が少し苦手なので女性のほうが接しやすくいろいろ話しやすいと思うので女性を雇います。(20代/女性/パートアルバイト)

・能力があれば性別は問いませんが、自分が女性なので相談しやすいかなと思い女性を選びました。(40代/女性/無職)

・会社での仕事の時間の間に、ほっと一息つける時間を持てるため。(60代/男性/公務員)

・雇うなら女性かな、だいたい秘書といって思い浮かべるのは切れる女性秘書(30代/男性/会社員)

・女性の方が、断然気が利くかたが多いです。頼んだ仕事以上にやってくれそうなイメージがあります。(40代/女性/専業主婦)

・雇うなら、男性よりも女性の秘書なのではないかと思っています。(50代/男性/会社員)

・気配りが上手だからです。細やかな配慮ができます。ただし、女性同士の派閥に巻き込まれないように注意する必要があります。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・女性の方が、あたりがソフトで控えめなので、秘書としてふさわしいと思うから。(60代/女性/専業主婦)

・気配りが出来そうなので。男の人は脳科学上一度に複数の事が出来ないと聞いたので。(30代/女性/専業主婦)

・女性に向いた仕事だという気がします。できる人が多いですから。(40代/女性/無職)

・女性の方が細かい気遣いや周りをみての状況判断、臨機応変な対応ができそう。(20代/女性/会社員)

・秘書はサポートすることが主な仕事であると思うため、小さな気遣いができるイメージのある女性に頼みたい(20代/女性/無職)

・自分が女性なので、女性の方が何かとやりやすい。気配りもできそう。(20代/女性/会社員)

・女性の方がより細かい気遣いができそうな気がするから、秘書にするなら女性を選びたいです。(30代/女性/会社員)

・女性の方が細かな気配りができそうだし同性なので気持ちをわかってくれそうだから。(20代/女性/専業主婦)

・同性がいいです。男性だと、性格上気を使ってしまいそうなので。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・秘書といえば女性イメージ大きいですね、まぁ仕事が出来ればどっちでも(30代/男性/会社員)

・私が男性なので、お金がたくさんあれば、美人の女性秘書を雇います。(40代/男性/会社員)

・男性のほうが出来ることは多い気がしますが女性のほうが秘書として向いてる方が多い気がする(30代/女性/パートアルバイト)

・同じ能力の人ならば、かなり長く続けて貰うならば男性になっても、とにかく優秀なのは女性の方である(40代/女性/無職)

・秘書には、スケジュール管理などの機能性と同時に、その場の空気を瞬時に読んで相手の状況を考慮した繊細な心配りが求められるので、女性のほうが長けていると思うから。(40代/女性/その他専門職)

・仕事場に女性がいるとかっこいいとこをみせたいのでやる気がでるから。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・同性なので、女性かなと思います。喧嘩とかはするかもしれませんが、その分適度な距離感を得られると思うので。(20代/女性/専業主婦)

・同性という事もあり、やりやすいと思います。が、特有の馬が合わない時は最悪でしょうね。(40代/女性/無職)

・男性だと緊張してしまうため、同じ女性の秘書の方が良いと思いました。(20代/女性/無職)

・異性の秘書より同性の方が色々理解、賛同を得やすい気がする。それと基本的に女性の方がよく周りを見えているから色々気づいて気が利くと思うから。(30代/女性/専業主婦)

・女性の方が細やかな所まで目が行き届いた仕事をしてくれそう。自分が目の前の事にしか集中できなくても、身の回りの世話や人付き合いもうまくやれそう。(30代/女性/専業主婦)

 

 

 

運転手、秘書に関するコチラの記事も読まれています

運転手に関するコチラの記事も読まれています

秘書に関するコチラの記事も読まれています

 

 

 

↓ 役員秘書・レセプショニスト派遣のご依頼はこちらのサイトもご覧下さい。